投稿

「緊急企画!世界ソーシャルワークデイ 2017.03.21」のおしらせ

一般社団法人京都社会福祉士会・京都医療ソーシャルワーカー協会・京都精神保健福祉士協会 主催

緊急企画!世界ソーシャルワークデイ 2017.03.21 「ソーシャルワーカーとしてホームレス支援を考える」    ~京都市の救護施設構想を巡って~
京都市は、昨年11月の市会で中央保護所を廃止して救護施設を建設し、緊急一次宿泊施設と一体的に運営するという構想を示しました。この構想が実現した場合、ホームレス支援体制が郊外に移されるばかりでなく、精神科病院等の長期入院者の受け皿にもなり、地域移行・地域定着の流れが転換する可能性があります。
 今回、一般社団法人京都社会福祉士会、京都医療ソーシャルワーカー協会、京都精神保健福祉士協会では、この問題を踏まえて、改めてホームレスの人への支援に関する学習会を開催することとなりました。
2017年世界ソーシャルワークデイの3月21日に、多様な実践領域で働くソーシャルワーカーが一堂に会し、ともに学び、ともに考える機会にしたいと思います。


日 時 : 2017年3月21日(火)19:00~21:00
場 所 : キャンパスプラザ京都 2階 第1会議室
講 師 : 加美 嘉史 氏(佛教大学社会福祉学部 准教授)
参加費 :  無料
定 員 : 60名  定員になり次第締め切ります。
申込方法: 別紙参加申込票にて「京都社会福祉士会事務局」までFAXにてお申込みください。
      締切2017年3月14日(火)

申込チラシ

立命館大学生存学研究センター よりお知らせ

消えた「社会的入院」問題――「重度かつ慢性」基準化で始まる新たな長期入院
チラシ

日時:2017年3月25日(土)13時30分~16時30分 懇親会

場所:朱雀キャンパス3F 308教室

概要
厚生労働省は、「新たな地域精神保健医療体制のあり方分科会」を設置し、精神保健福祉法の改正に向けた議論を進めています。第2回分科会では、平成25年~27年度厚生労働科学研究費障害者対策総合研究事業「精神障害者の重症度判定及び重症患者の治療体制等に関する研究」(研究代表者:安西信雄)の報告が出され、「重度かつ慢性」の基準化についての議論がなされました。「重度かつ慢性」とは、精神科病院での長期在院者の中で機能障害が原因で退院、地域移行できない者とその範囲のこととされています。さて、いわゆる「重度かつ慢性」の基準化は、精神科病院に長期在院している者の置かれている不条理を当該精神障害者の機能障害に原因を帰責しようとするものであり、ひいては精神科医療従事
者が研鑽して実践の水準をあげる機運を下げ、多くの人が指摘する国策の誤りに対しても免罪符を与えるものです。そして、「重度かつ慢性」とされた長期在院患者は、再び精神科病院において長期在院を強いられることになります。どのような重度な障害があろうとも地域で暮らす権利があるわけであり、人間として当たり前に暮らす権利を奪うような基準は阻止されなければなりません。阻止に向けて、多くの人の参加をよびかけます。


13:30 挨拶――
13:40 「重度かつ慢性」基準化の問題点の解説 長谷川利夫(杏林大学)
14:00 長谷川利夫×立岩真也 問題の底流――消えた〈社会的入院〉から〈長期在院〉と「重度かつ慢性」への変遷

15:00 休憩(書籍の販売)
15:15 検討会での議論の持ち方と精神障害者の参画をめぐる諸課題について 澤田優美子(当事者・これからの精神保健医療福祉のあり方に関する検討会委員)

15:30 指定発言――野地芳雄(京都精神保健福祉推進連合会)、有我譲慶(大阪精神医療人権センター)
16:10 フロアからの発言
16:30 閉会の挨拶――(立命館大学)


主催:立命館大学生存学研究センター
共催:病棟転換型居住系施設を考える会、全国「精神病」者集団
後援:認定NPO法人大阪精神医療人権センター、京都ユーザーネットワーク、京都精神保健福祉士協会、京都精神保健福祉…

求人情報

川西市教育委員会スクールソーシャルワーカー(嘱託職員)募集 要綱 →ダウンロード

申込受付 平成29年3月1日~3月9日までの 9:00~17:30(郵送不可)

ユースワーカー養成公開研究会のおしらせ

若者支援におけるユースワークの価値を考える ユースワーカー養成公開研究会
 相変わらず、若者を巡る多くの社会問題や課題が語られる中、短絡的な原因探しや、“今時の若者”言説で済ませない、包括的に若者と社会構成を考える視点が求められています。ユースワーカー養成研究会(*)では、若者に関わる実践や研究を行っている人だけでなく、多方面から若者とその育ち、支援について考えを付き合わせ
る、「公開研究会」を企画しました。メインゲストとして、岐阜大の南出さん、滋賀県立大の原さんのお二人を招くとともに、若者学研究会メンバーの若者からもコメンテーターとして行松さんに登壇いただき、新たな若者像や若者が生きやすい社会づくりのあり方について、議論したいと思います。

□日時 2017年 3月25日(土)13:00~16:30
□会場 京都市中京青少年活動センター
□対象
○若者の成長・支援に関わる実践、研究を行っている方
○ユースワークやワーカー養成に関心をお持ちの方
○上記に関心を持つ学生・院生等 50人程(先着順/参加無料))
□共催
公益財団法人 京都市ユースサービス協会/立命館大学人間科学研究所
□プログラム
13:00 開会
パネルフォーラム 
パネラー  南出 吉祥氏(岐阜大学准教授)
      原  未来氏(滋賀県立大学助教)
コメンテーター
     行松 伸之さん(立命館大学産業社会学部4回生)   
16:30 閉会

■申し込み・問い合わせ先(下記まで電話・メールでお申し込みください)
(公財)京都市ユースサービス協会
(担当:水野 篤夫/竹田 明子)
TEL 075-213-3681
FAX 075-231-1231
E-メール a-mizuno☆ys-kyoto.org(☆を@に置き換えてください。)
チラシ

京都市より 講演会のおしらせ

「高次脳機能障害と発達障害~子どもから大人まで~」
講師 橋本圭司 医師(はしもとクリニック経堂 院長)

 脳卒中や脳外傷による小児期,成人の高次脳機能障害,発達障害合併症例の診断・治療に従事されている橋本先生をお招きし,講演会を開催します。

日時 平成29年3月26日(日) 午後1時30分~午後4時30分(開場午後1時)

会場 京都市男女共同参画センターウィングス京都

定員 240名(事前申込必要,多数抽選)

申込方法 FAX,電話,ハガキ及びメール

申込締切 平成29年3月16日(木)【必着】

チラシ


【問合せ先】京都市高次脳機能障害者支援センター(〒604-8854 京都市中京区壬生仙念町30番地)
※当センターは,京都市地域リハビリテーション推進センター1階にあります。
TEL :(075)823-1658    FAX : (075)842-1541
MAIL: rehabili@city.kyoto.lg.jp

NPO法人フォロより公開学習会のおしらせ

公開学習会 「難民」化する若者と、その可能性 ~支援は「パン」のみにあらず
(パネリスト)
鳥居(歌人)
アサダワタル(日常編集家)

※趣旨などの詳細はホームページを参照してください。 →HP

日時:3月11日(土)
   13:30~開演(13時~受付開始)
   16:30終了予定

会 場:エル・おおさか本館 5F 視聴覚室

参加費:1000円

主 催:NPO法人フォロ

●申し込み連絡先
TEL:06-6946-1507 / FAX:06-6946-1577
E-mail:info@foro.jp

チラシ